ストレッチ大辞典
ストレッチ大辞典HOME > バランスボールを使ったストレッチ

ここ10年ほどで、直径が70から90センチほどあり、発泡性のポリエチレンを使ったバランスボールが一気に普及してきました。このボールの使い道は多様性に富んでいます。ストレッチボールに座って、お尻を前後左右に振るだけで大尻筋の強化になります。

また、ボールにつま先だけをかけて、腕立て伏せのような状態となります。別に腕立て伏せをしなくても、腕や胸筋に自分の体重がかけられて、ストレッチ運動になります。さらにボールの上に仰向けの状態になって前後に揺れるようになれば、背筋や腹筋を伸ばす効果があります。畳一畳分のスペースがあればできるので、それほど長時間行わなくても体の柔軟性を高めることができます。

バランスボールはそのほかにも使い方によっては、大きな効果を生むことができます。



ストレッチ大辞典HOMEブログお問い合わせプライバシーポリシー